本文へ移動

楽々おそうじ

洗面所編

プロに学ぶ掃除のコツ

その1 使った後は必ず洗面ボウルの水滴を取る

新品の時はピカピカだった洗面ボウルが次第にくもってくるのは、水垢や石けんかすのせい。手や顔を洗うたび、洗面ボウルに飛んだ水しぶきを拭き取っておくだけでOK!

その2 何かのついでに「ながら掃除」がおすすめ

歯磨きしながら、鏡についた水滴をひと拭き。お化粧をしながら、水栓のくもりをさっとひと拭き。ほかの動作のついでに「ながら掃除」の習慣をつけると、後の掃除がグンと楽になります。

その3 きれいに見せる決め手はピカピカの水栓金具

水栓金具をいつもピカピカに磨いておくと、洗面所全体の印象がワンランクアップ。

その4 化粧品をこぼしたら付着する前にふき取って

洗面化粧台の収納キャビネットはプラスチック製の素材がよく用いられています。プラスチックは以外にデリケートな素材なので、洗顔料、整髪料、メイク用品などの化粧品をこぼしたら、すぐ拭き取ること。付着したままにしておくと素材をいためることがあります。

おばあちゃんの知恵
ゴム手袋化粧コットン

洗剤使用時には肌の保護のために必ずゴム手袋を使いましょう。はじを折り返して使うと、水や洗剤が入らず快適。

化粧水を使った後のコットンで鏡を磨くと、程よい油分で鏡に艶が出てきます。お化粧の後にサットひと拭き習慣を!


毎日実行したいひと手間はコレ!


洗面所
洗面ボウルは、使うたびに水気を拭きとっておくだけで水あかのつき方が違います。水栓まわりも忘れずに拭き掃除を。

浴室
最後に入浴した人が、浴槽をスポンジでひと磨き。洗剤は必要ありません。さらにドアなどの水気も拭き取っておきます。

トイレ編


プロに学ぶ掃除のコツ

その1 コレが基本!毎日最低一回はトイレ用ブラシで便器をこする

毎日最低一回、あなたが使用した後、トイレ用ブラシで便器をこすっておきます。洗剤は必要なし。これだけで汚れのつき方が違います。

その2 気がついたらその場でさっとひと拭き

便器や便座の汚れだけでなく、タンク表面の結露や床にこぼれた小水も、気がつたらすぐに拭き取る習慣を。

その3 窓を開けたり換気扇をまわして定期的に換気をしましょう

カビ知らずの清潔なトイレを保つためには、定期的に換気をして湿気をためないことが大切。掃除の前後にも換気扇をまわし、空気の流れをつくりましょう。

その4 便器用の酸性洗剤は便座には使わないで

便器は陶器、便座はプラスチック、水栓金具はめっき。素材に合った洗剤を使うことが必要です。特にプラスチックは陶器に比べるとデリケート。便器用の酸性洗剤が便座に付着すると、劣化したり割れてしまうことも。すぐ拭き取りましょう。

おばあちゃんの知恵
軍手雑巾割り箸

ゴム手袋の上に軍手をはめて使います。指先が自由に使えて、細かい部分を磨くのにとっても便利。

しつこい汚れをこそげ落としたり、割り箸の先に布を巻きつけて、タイル目地や、サッシ枠などの細かい部分を拭くのに便利です。
 

キッチン編


プロに学ぶ掃除のコツ

その1 コレが基本!コンロの油汚れは調理後すぐに、シンクは洗い物のついでにサ

油、ほこり、水あかなどが複雑に混じり合ったキッチンの汚れは、放置しないこと。コンロやレンジは、余熱が残っているうちにサッとひと拭き。シンクや水洗金具は、食器洗いのついでにから拭きまでしておきます。

その2 掃除の前には窓を開けて空気の流れを作り、ほこりや湿気を外に出す

便掃除をする前に、窓を開けたり換気扇を回したりして空気の流れを作りましょう。窓を開けるだけでも相当量のほこりが部屋の外へ出て行くはず。

その3 急がば回れ!頑固な汚れはゆるめてから取る

いろいろな種類の汚れが積み重なって固まった頑固な汚れに、いきなり洗剤をつけるのはご法度。ぬるま湯をかけたり、つけ置きをして汚れをゆるめてから何度かに分けて取ります。素材を傷めないためにも、こうなってしまう前に日ごろからお手入れを!

おばあちゃんの知恵
竹 串牛乳パック

バーナーの目詰まり解消に使いましょう。
細かい汚れが取れやすいですよ。

 

切り開いて洗って乾かしたものを、まな板代わりに使うと、お魚を下ろす時に重宝です。使った後はゴミ箱にポン!まな板が魚臭くなりません。


毎日実行したいひと手間はコレ!


グリル
調理後、グリル皿や焼き網がまだ温かいうちにお湯を含ませたスポンジでこすり、お湯でさっと流します。汚れのこびりつき防止とにおいの予防にもなります。

浴室編


プロに学ぶ掃除のコツ

その1 コレが基本!気付いた時にすぐ落とす

浴室の汚れは放っておくとドンドン取れにくくやっかいなもの。気付いた時にすぐ落とすのが鉄則です。
できれば、最後に入浴した人が、シャワーで壁や床を洗い流し、から拭きで水気を取れば完璧!

その2 換気は充分に

入浴後はできるだけ長く換気扇を回すか、窓を開けてしっかり換気をしましょう。しっかりした換気がカビの増殖を防ぎます。

その3 清潔に見せるポイント

浴室を清潔に見せるポイントはピカピカの水栓金具。浴槽内をスポンジで洗ったついでに水栓の汚れも忘れずに落としましょう。

おばあちゃんの知恵
石 け ん入 浴 剤

浴室の鏡の汚れやくもりがひどい時、鏡面に石けんをつけて拭くときれいになります。

硫黄分を含むものは排水金具やゴム栓取付金具などメッキ部分を黒く変色させます。 成分表をよく読んで、使用後はすぐに洗い流しましょう。


毎日実行したいひと手間はコレ!


使った後はシャワーで壁や床を洗い流しましょう。
カビの発生予防と、汚れのこびり付きを防げます。

最後に入浴した人が、浴槽をスポンジでひと磨き。洗剤は必要ありません。さらにドアなどの水気も拭き取っておきます。

 

有限会社くらし建築工房
〒020-0004
岩手県盛岡市山岸3丁目1-4
TEL.019-665-1616
FAX.019-661-5151

住宅リフォーム業
  • 増改築
  • 水まわりのリフォーム
  • エクステリア
  • 内装/模様替え
  • 屋根塗装
  • その他リフォーム

事業許可・免許
  • 一般建設業登録
    (般-27)第20446号
  • 二級建築士事務所
    (う)第3233号
  • 宅地建物取引業登録
    岩手(2)第2506号
  • インテリアコーディネーター
  • 福祉住環境
    コーディネーター2級
  • リフォーム工事瑕疵保険
    加入業者

加入団体
  • 岩手県中小企業家同友会
  • 盛岡商工会議所
  • TOTOリモデルクラブ
  • (財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター
0
0
0
7
5
6